合宿免許 デメリット

合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットは、免許取得期間中の時間は全て拘束されてしまうことです。

 

そのため、仕事や家庭を持つ社会人は中々、参加することができません。そして卒業後、運転免許学科試験時、都道府県に応じた勉強ができないのもデメリットと言えます。社会人や家庭を持つ人にとって、2週間以上の宿泊を伴う合宿免許というのは、負担になります。

 

また、免許取得期間中、家族や友人から離れて遠方で過ごすとうのは、結構不安なものがあります。約2週間の間に免許を取らないといけないので、プレッシャーもあります。一人が慣れていない人は、ホームシックにかかる可能性もあります。
また、地域で合宿免許を受ける場合、交通量の多い少ないが、その後の運転に影響します。地方で免許を取った人が、東京などの交通量が多く、道路が複雑な所を安全に運転できる可能性は低く、その点は危惧されます。合宿免許はパック料金になっているので、途中で病気になって休んだり、急用が出来たからと言って途中で止めることができないのもデメリットです。

 

原則は途中で抜けることができないので、そうならないよう、体調管理には十分、気を配らないといけません。