合宿免許 7月

合宿免許に一人で行く

合宿免許に一人で行く場合には、宿泊施設の選び方が重要です。合宿免許と言っても最近は、一人部屋のホテルで滞在することを選ぶことができる場合もあります。もちろん、相部屋や大部屋しかない合宿免許場もありますが、必ずどのようなところで宿泊するのか、契約前に説明があります。食事付きのところもありますから、料理ができない方であっても十分満足して免許取得に励むことができます。

 

一人部屋であっても、郊外にある教習所であればそれほど料金が高くなることはありません。また、自由な時間ができるため、その間一人旅を楽しんだり、合宿免許で知り合った仲間と気が合えば、一緒に遊びに行くこともできます。一人部屋を選んだ場合には、生活サイクルを他人に合わせる必要もなく、気が楽でお勧めです。

 

また、教習期間はグループ行動が多く、同じ時期に入所した方とはうまく段階が進めば、卒業するまで一緒にということが珍しくありません。特に学科の授業を受ける時には、休憩時間が必ずあり、トイレで鉢合わせをしたり、待ち時間に話す機会がおのずとあります。一日の大半を一緒に行動するため、入所した時は一人であっても卒業する時には友達ができていることも多いと思います。